《 英作文の検定試験を入社のときの自社試験や英語を使う業務の選抜試験に!》

TOEICが高得点でも英作文が苦手な人はスピーキングも苦手

「書けないことは話せない」と言われるように、英作文できないことは、話せません。TOEICで900点を超えるような高得点を取っている方で、スピーキングが苦手な方は、英作文が苦手です。

無料で公開している検定試験で最もやさしいのが 11級検定試験です。その上の10級検定試験が中学1年生レベルのテストですが、できない方が多かったので、さらにやさしくしたのが11級検定試験です。BE動詞と一般動詞の違い、人称代名詞の使い方など英語の根本原理とも言うべき事柄が理解できているかどうかをチェックする試験で、英文を作るときに常に必要とされる知識なので、1問でもできなければ作文をするたびに問題が生じます。そのため、11級は他の級と異なり、30問中29問正解しないと認定されません。

11級検定試験に出る単語は、中学校を卒業していれば、英語が苦手だった人でさえ知っているようなレベルのものです。ところが不思議なことに、TOEICのテストで満点を取るような方でさえ、不合格になることが少なくありません。この事実から明らかになったのは、『英語の根本原理』ともいうべき最も基本的事柄が、中学1年のとき、きちんと教えられていない」ということと、「アメリカの入試問題を専門に作っている会社が作ったTOEICでは、日本人の英語力や英会話能力を査定するのが難しい」ということです。

その結果、TOEICで高得点を取った人を採用したのに英文が書けない、英語でビジネスの交渉ができないということが多発し、実際に英語を業務で使わなければならない外資系の会社などでは、入社試験でTOEICの成績を重視しなくなっています。

入社試験に外国人の試験官を採用する企業もありますが、話せると思った新入社員が、英文も書けず、ビジネス交渉もできず、使い物にならないということは少なくありません。

なぜ、このようなことが起こるのでしょうか。TOEICで高得点を取ることはできるが、英作文が苦手なタイプの人は、暗記力が優れているため、入社試験で使えそうな文章を丸暗記しておいて、話題に合わせてテープレコーダーのように話すため、外国人の試験官には、まともな英語に聞こえるためです。しかし、英作文ができないため、言いたいことを言っているわけではありません。言えることを言っているだけなのです。しかし、ビジネスにおいては、書けることだけ書いたり、話せることだけを話すというわけにはいきません。書かなければならないことを書き、話さなければならないことを話さなければならないのです。そのとき必要なのが英作文力です。

法人会員になり、MyPageの「社員アカウントの生成」で「社員数」に100,000と入力すると、瞬時に、10万人分の社員用仮ユーザー名と仮パスワードが生成されます。生成された仮ユーザー名と仮パスワードを社員に割り振っていただくと、法人会員用のMyPageから、それぞれの級の合格者数や合格者のユーザー名などが表示されるようになります。 個人情報保護の観点から、法人用MyPageではユーザー名で合格級やランキングを表示するのを原則としているため、社員の名前や部署名での成績管理には、「英作文.net社員情報管理システム」をPCにインストールする必要があります。

法人会員用のMyPageで生成した社員用仮ユーザー名と仮パスワードは、CSVファイルとしてダウンロードができます。また、貴社のデーターベースから社員名と部署名、役職、メールをCSVファイルとして出力し、「英作文.net社員情報管理システム」に読み込ませることで、それぞれの社員に仮ユーザー名と仮パスワードを自動的に割り振ることができます。

また、「英作文.net社員情報管理システム」のメニューの「メールの送信」から、割り振られた仮ユーザー名と仮パスワードを個々の社員に自動的にメールすることも可能です。サーバーメイルだけでなく、Yahooメール(1日1000通まで)やGmail(1日2000通まで)にも、1日の送信料を設定することで対応できます。

社員の方がご利用になると、最新の検定試験の結果をダウンロードして、社員名で合格級やランキングを表示したり、級や部署名などで検索表示したり、検索結果を印刷あるいはCSVファイルとして出力することができます。

導入でできること

1.社員の中から英作文が得意な方を見つけ出し、英文メールや英文の契約書などを作成する部署に配置することができます。

2.TOEICで満点を取っても英語が話せない人がいることが知られているため、入社試験などで、外国人による会話テストを行う会社が増えていますが、その結果、英語で仕事ができない人を雇ってしまうことが少なくありません。TOEICで高得点を取る方は暗記力が優れているため、英語で様々なトピックを丸暗記して流暢に話すので、自力で英文が作れないことに外国人でも気がつかないためです。自力で英文が作れない方は、英作文.netの11級に合格できないため、上記のタイプの方を排除できます。

3.社員のMyPageには、社内ランキングや社内の各級合格者数などが表示されるので、社員の勉強意欲を高めることができます。

4.社員のSNS、「仲間と一緒に!」には、同じ会社の7級以上の合格者が表示されます。これを利用して、7級以上の合格者を英作文の指導者として指定したり、英作文指導要領などを自社で制定することにより、初級の社員の英作文指導に活用することが可能です。

TOEICや英検より厳正なスクリーニングテストとして!

TOEICや英検に限らず、資格試験においては、カンニングや身代わりなどによる不正な資格の取得が行われる可能性があるかどうかを、雇用する会社側が判断することは困難です。しかし、英作文.netをご利用になれば、会社のPCを使ってオンラインで受験させ、その場で結果が分かるという特徴があるため、会社が試験会場を厳正に管理することができます。

また、出題される問題は、全て毎日ウィークリーの『Machigai』でお馴染みのティム・ヤング氏がチェックし、10000問を超える問題の中から、受験の級に合わせてランダムで30問出題され、基礎文法をマスターしていない人は、何度受験しても合格できないようにプログラムが工夫されているため、TOEICのように暗記力だけでは合格できません。

【例1】

英語が話せる方や今は話せなくて話せるようになる能力を持った方を採用したい場合、11級と10級の検定試験に合格できるかどうかで判断できます。個々の検定試験の制限時間が25分なので、応募者に「50分以内に、11級と10級の検定試験に合格できるかどうかテストする」ことを伝え、開始して50分後にテストを終了し、その結果から判定します。

・11級に合格できない人は、中学1年で習う基礎文法の原理が分かっていないので、丸暗記したものを流暢に話すことができる方はいるかも知れませんが、言いたいことを書いたり、話したりすることができる人はいません。

・ 10級に合格できる方は、基礎文法がおおざっぱには身についているので、多少の間違いはあっても英文を作ることができます。そのため、いわゆる日常会話はできるか、できなくても、年齢が25歳前後までであれば、日常会話レベルの会話はできるようになる可能性が極めて高いと考えられます。

【例2】

ビジネス交渉をアメリカ人としたり、英文でビジネスメールを書く人を採用したい場合、応募者に「150分以内に、11級~6級までの全ての検定試験に合格できるかどうかテストする」ことを伝え、その結果から判定します。

・ 7級に合格できない方は、基礎文法や基礎文型を習得できていない人なので、ビジネスの交渉をするレベルには達していません。重要なビジネス交渉に出てくるアメリカ人は上流階級に属する人なので、基礎文法的な間違いをする日本人は、「大学を出ていない下層階級の人」と見なされる可能性が高く、対等な交渉は望めないと考えるべきでしょう。

・ 7級に合格できても、6級に合格できない方は、基礎文型を習得しているため、英語の講師はつとまるかも知れませんが、6級合格に必要な応用力がないので、ビジネス交渉には向いていません。

・ 6級に合格できても、ビジネス交渉でアメリカ人と対等に議論ができるという保証はありませんが、応用力があるので状況に合わせた対応ができます。日本人でこれ以上の能力を持った人を見つけることは極めて難しいとお考えください。

無料お試し法人会員登録

無料お試し法人会員登録をすると、法人会員のアカウントが生成され、法人用のMyPageにアクセスできるようになります。1回に1名分しか社員アカウントを生成できないという制限はありますが、「社員募集のための広告表示機能」を除く全ての機能がご利用になれます。法人会員のアカウントではなく、社員アカウントで行います。