• 【ブログ名】:今日もまた日は昇る
  • 【検定試験】:9級合格
  • 【引用】: 英語で話しかけられる度に考えること−英作文.net

英語で話しかけられる度に考えること−英作文.net

今まで、「英語が話せたらいいのに」と何回思ったかわからないのに、私は今だに英語を話すことができないままだ。こんな私でも学生時代に英語の成績が悪かったわけではない。 また私の夫はTOEICでそれなりの点数を取っているが、2人で海外に行った時、タクシーの運転手に予約したレストランの場所を伝えることさえできなかった。 2人でレストランの場所を一生懸命説明したけれど、結局、違うレストランに連れて行かれてしまうというハプニングに見舞われてしまった。 海外等で相手と英語で話す時、何となく相手の言っていることはわかるのに、いざ返事をしようとすると、全然言いたいことが言えない。 このストレスの高さといったら、もう、もどかしくて仕方がない。 こんな簡単なことが何で伝わらないのだろうと、悲しくなってくる。 「英語が話せるようになりたい!」と思っていた所に、面白いサイトを見つけた。 その名も『英作文.net』。 このサイトでは問題が日本語で出題され、それを英作文するという学習システムを採用している。 現在、無料お試し登録期間中ということで、早速登録してみた。 無料登録は、ユーザー名・パスワード・メールアドレスの入力のみで簡単に登録できてしまう。 いよいよ、ログイン! 練習なんてしなくても、11級検定試験くらいは合格できるだろうと思い、すぐに11級に挑戦。 試験の形式は出題された日本語を読んで、解答欄の下に横一列に羅列されている英単語の中から、正しい単語を正しい順番で選んで、英作文をするというものだった。 私はすぐに自分が甘かったことを知った。 11級は30問中29問以上正解で合格できるのだが、間違う間違う。 1回目は、25点で不合格!ショック・・・! 細かい点の間違いが多く、学生の頃、繰り返し勉強したにも関わらず、ほとんど忘れてしまっていることに愕然とした。 気合を入れなおして、もう1回挑戦。 2回目は、28点で不合格、悲しい・・・。 3回目の挑戦。 3回目は30点で合格。 不正解だった時には悔しいけれど、正解した時には嬉しいし、合格した時はとても嬉しかった。 これは、楽しい。 続けて10級にも挑戦してみる。 10級は中学1年生レベルの問題で、30問中27問以上正解で合格できる。 1回目20点、惨敗。 2回目24点、もう少し・・・。 3回目24点、悔しい! 4回目27点、やったぁ!!!合格!!! 度重なる不合格にもめげず、続けて9級にも挑戦してみる。 9級は中学2年生レベルの問題で、30問中27問以上正解で合格できる。 1回目20点、まだまだ! 2回目21点、まだまだ・・・ 3回目21点、・・・ 4回目20点、もう止めようかな・・・ 5回目26点、あ〜、惜しい! 6回目26点、もう、一歩! 7回目29点、やったぁ!!!!! 負けず嫌いが功を奏して、何とか9級に合格できた。 何度も繰り返し挑戦していると、だんだんと英文法を思い出してきて、早く正確に回答が入力できるようになってくる。 さて、検定試験で少し疲れたので、検定試験は休憩してマイページを見ていると、「仲間と一緒に!−SNS」というメニューがあった。 どうやら、自分の友人をこのサイトに招待して、一緒に英作文の勉強を楽しめるもののようだ。 メッセージの送受信等もできるが、このSNSの最大の特徴は自分や友人の階級、順位、総合得点などが表示されるようになっており、お互いに刺激しあいながら英作文の勉強ができるという点だ。 私は、残念ながら一緒に英語を勉強するような友人がいないが、学生であれば仲のよい友達と一緒に英語の勉強をするということもできると思う。 もし、英語を勉強したいと思っていて、行動に移せていないのであれば、1人でも友達と一緒でも、とりあえず無料お試し登録をして検定試験に挑戦してみるといいと思う。