英語の教師として

やっぱりある程度英語は話せないとダメかなーとそれなりに英語には自信があるはずだった。 はずだった。 英語を検定するサイト、英作文ってとこではかってみた。 11級から開始で、さすがに最初は余裕だろうとか思ってたんだ。確かにでてくる内容は中学一年生の内容だからね。 だがしかし、合格点29問/30問に対して結果が28問/30問という悲惨なことに。 事故とか手が滑ったとかそういう理由じゃなくて、「あっ」ていう間違い。だから決して私は英語できないってわけじゃぁないんだよ! 問題の形式としては、でてくる日本語を英語にするという内容。並び替え問題なんだけど、正解が3語で作れるのに7語ぐらいあったりする問題もあっていやらしい。適当にやってたら絶対あたらん。 単語も文法も知ってるものばかりだから、いかにめざとくできるかっていうのがポイントなのかな。教師やっててもたまに間違うこともあるんだけど、日ごろからこういうのを使ってめざとさを鍛えておかないとダメだね。うん・・。作る文とか内容自体は簡単。だけど結構盲点があるもんだなぁと実感。 だがしかし、これからは英語が必須の時代。街歩いてたら3人に1人は外国人になっちゃう時代がくるかもしれない。かもしれない。 ちなみにこのサイトは一般のSNSと違って結構事細かにコミュニケーションがはかれるみたい。家族であったり、同じ級を受けてる人とか、英語に関して悩んでいる人とか。つまり、恋の予感ですね。家族はまずいけど。 英語をペラペラにしてあなたも美しい外国人女性を! というと少し趣旨がかわるけど、同じように受験者と頑張っていけるような感じ。学生時代の予備校とか塾に近いかも? ちなみに私は11級取得ならず// 7級以上合格してる人はサイトに掲載されるし、地道にでもがっつりでも英語を勉強したいって人にはオススメかも ↓今は無料お試し登録ができるので時間があれば